よだきんぼの旅行ブログ
VIETTEL SIM
ノイバイ空港で現地の人に紹介してもらったプリベイトSIMの会社は、VIETTEL SIMだった。データSIMだけのものを購入したのだが、値段は250、000ドン、円で1、222円であった。


店頭でAPN設定までしてくれるということは事前にブログなどで調べていったのだが、電源を切って渡すのを忘れてしまったために設定に時間がかかってしまった。


事前に調べた内容としては、日本語表示ではなく英語表示にすること、パスワードをAPN設定時だけ解除しておくこと、そして電源を切っておくことの3つだった。


でも、ソフトバンクであるにもかかわらずちゃんと通じたということは実証されたので、今後しばらくは、この現地のプリベイトSIMを活用する方法で街中の散策を楽しみたい。


次、試す場所は。。。




テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

simカード
2017年4月にベトナム、ハノイに行ったときに、街中でのデータ通信をどうするかについて今回は現地SIMを試すことに決めていた。


そこで、ノンバイ国際空港に着いた時、迎えに来た現地の人にそのことを伝えたところ、現地SIMの購入場所に連れてもらっていった。


現地SIMを入れてもらうのは、以前にも投稿したようにiPadmini2である。なお、このiPadmini2のキャリアはソフトバンクのセルラー版である。


もっともこのiPadは、いただいたもので、しかもソフトバンクと契約しているわけではないし、もちろんフリーにというわけでもない。


IPadに関しては、海外ではフリーとなるという話を聞いていたので、実際どうなのかを検証する絶好の機会だったのである。


さて結果は。。。