よだきんぼのアウトドア日記
英語力
今回のスペイン旅行は、男3人の旅だったのだが、その3人の中で英語力は私がどうも一番下だったように感じた。前回のインドの時も一緒だったY社長に大変世話になった。


今までは、単語プラスpleaseと身振り手振りで何とかしてきたので、今回も同じ感覚だったのだが、Y社長の対応、話しぶり等を見ていると大いに反省したところである。


一緒に行ったもう一人のS氏も同じだったらしく、二人で次一緒に行くときは今度は迷惑をかけないようにしようと誓い合い、英会話を勉強しようということになった。


Y社長も完璧ということではないのだろうが、少なくともY社長のレベルぐらいにはなりたいという願望でもあるのだ。以前と違い近くに手本となる人がいるので、頑張るつもりだ。


色んな本を読むと1,000時間ぐらい英語漬けにならないといけないようなので、当面これを目標にしなければと考えているのだが、なかなかハードルは高い。


でも、やるしかない。。。



FB
スペインに行ってから、1か月近くが経過した。実をいうと昨年の反省もあり、きちんと構想をまとめ、文章化しほぼ完成してからこのブログに掲載する計画だったが、何しろ9日も事務所を空けたことの余波が大きく、すぐできそうにない。


そこで、反省は反省としてあるのだが、いつ出来上がるかの検討もつかないので、思いついたところから書くことにした。さて、言い訳はこれぐらいにして、まずは、恥ずかしい思いをしたFBの件について投稿してみたい。


今回、一緒に行ったS氏がFBを覚えたいということで、教えてくれと頼まれた。教えるのは、別にスペインでなくてもよかったのだが、私もちょっと調子に乗りすぎたところもあり、こんな風にするのだと「手本」見せた。


グエル邸とサクラダファミリアの写真を投稿したところ、結構「いいね」や「コメント」での反応があり、翌日の事務所からのメールでは、私がスペインに行っていることが業界で評判になっているということだった。


そういえば、その日は業界の「必須研修」の日だったのだ。この研修をサボり、海外に行っているというが図らずもこのFBへの投稿でバレテしまったのだ。「炎上」とまでは、行かなかったのだが気恥ずかしい思いだった。


後の祭りといえばそうなのだが、ちょっといい恰好をしたいという「見あがった」態度を猛省したところである。そこで、それ以降はFBへの投稿をやめることとした。今後このFBをどう活用するかは目下思案中である。


あんまり、悪く考えなくてもいいのかもしれないが。。。