FC2ブログ
よだきんぼの旅行ブログ
AIRSIM 使用感
AIRSIMの設定はうまくいったが、実際の使用感はどうなのかが次の話題である。結果は、一言で言えば、。。。である。つまり、あんまり満足できるものではないのだが、つながったという点を考えればこれで満足しないといけないかもしれない。


もっとも、朝と夕方の速度値が違い過ぎるので、あんまり満足できないという評価なのだが、Twitterやメール等にまあまあなのだが、やはり動画系については、少しきつすぎるという感じだ。


早いに越したことはないのだが、海外で使用する場合はGoogleマップやメール、ニュースなどのチエックが中心なので、遅いほうでも構わない。つまり、街中でつながるということが重要なのである。


費用対効果で考えると早いほうのほうが良いのだけれど。。。




速度測定1回目


速度測定1回目






速度測定2回目


速度測定2回目


テーマ:SIMフリー - ジャンル:携帯電話・PHS

AIRSIM その後
2019年2月にハワイに行ったときのAIRSIMの設定がうまくゆかなかったことは、以前投稿した。そこで、この10連休に再度設定に挑戦してみたところうまくいったので、AIRSIMのその後として投稿する。


まず、前回うまくゆかなかった原因は、購入の支払がうまくいっていなかったことに尽きる。クレジットカードで購入すればよかったのだが、違う方法を取ったためだったのである。


そこで、今回はまず20ドルをTopUp、つまりチャージすることにし、その後に日本での1日分のパッケージを購入することにした。なお、使ったスマホはiphone6Sである。


設定の中で一番難しく思えたのは、日本で使えるソフトバンクに設定することだった。初めて設定する時もここが一番難しかったことを思い出したのだが、同じ誤りを犯していたようだ。


同じ誤りというのは、プロファイルを削除しないままパッケージを購入しようとしたことだ。今回使用したiphone6SにはIIJのプロファイルが残ったままだったのである。


この手順前後というか、このプロファイルの削除さえきちんとしておけば、あとは設定マニュアルにそって作業をしてゆけばよいのである。


このAIRSIMの場合、TopUpでも2か月ぐらいのびるのだが、パッケージ購入で1年使用期間がのびる。つまり、SIMの再利用ができるのである。


他のSIMについても再利用できるものがあるかもしれないが、このAIRSIMをすすめる大きな理由がこの再利用できることである。もっとも、成功したのは日本だけなので、今後は海外での使用レビューを投稿する予定である。


しかし、その前に日本での使用感を。。。















テーマ:SIMフリー - ジャンル:携帯電話・PHS

AIRSIM
今回のハワイ旅行で、このAIRSIMの設定が失敗した理由を考えてみたところ、私的には、買ったつもりだったのだが、きちんと買えていなかったことが原因だと思われる。


つまり、買ったことが反映されていないなとはわかっていたけど、買った日と使用する日の間にタイムラグがあったので、当日になったら反映されると思い込んでいた節がある。


ところが、使用終了の日がきても、カードの請求も来ないし残高も変わっていないので、結局きちんと買えていないことが解ったのである。これさえ解決できれば、次回はうまくゆくはずである。


でも次回は2019年の9月10日までに確かめないといけないのだが。。。





テーマ:SIMフリー - ジャンル:携帯電話・PHS

環球通
ハワイ旅行でうまくいったSIMカードがこれであるが、このSIMのいいところは、8日間13か国で使え、そして13か国のなかに米国はもちろん、日本でも使えることである。このSIMカードは、香港からの平行輸入品である。


今回のハワイ旅行は3泊5日だったので、ハワイに行く直前に日本で設定しておこうと思った。しかしSIMを挿入しても、iPhoneの場合は構成プロファイルを削除しないと動作しないので、日本で設定できるのはありがたい。


でも、逆も真なりで、日本に帰ってきた時に、通常使っているSIMに変更する時のことを考えておかないといけない。実はこのことをすっかり頭に入れてなかったので、成田空港でSIMカードを入れ替えるのに苦労した。


SIMカードを入れ替える際、今度は構成プロファイルを入れないといけない。この構成プロファイルを入れるためには、Wi-Fiにつながっていることが必要である。結局、入れ替えが出来たのは、リムジンバス内のWi-Fiのおかげだった。


次回からは、これで大丈夫だろう。









テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

SIM
ハワイで使おうとしたSIMカードは2種類あった。一つは、13か国で8日間使えるという「環球通」というカード。もう一つは、以前投稿した「AIRSIM」というカードだった。


結果は当初の予想に反して、「環球通」のほうがうまくいって、「AIRSIM」のほうがうまくいかなかった。「AIRSIM」のほうは、チャージがうまくゆかなかったのが原因だと考えられる。


今年はもう1回ぐらいは海外旅行する予定なので、「AIRSIM」については再度チャレンジするつもりである。今回失敗した理由はおおよそ解っているので、次の手法を考えたい。


もっとも「環球通」カードのほうも当初は「MR04LN」というモバイルルータで使って見るということにチャレンジしたのだが、これは失敗したので、結果は1勝2敗ともいえる。


その他にも色々教訓があるので、次回以降にでも投稿することに。。。










テーマ:SIMフリー - ジャンル:携帯電話・PHS